2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休業日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
 
 
 
 
 

トップ > クラプトン関連 > DEREK & THE DOMINOS / TAMPA BAY BLUES (2CD) MOONCHILD RECORDS / MC-053

DEREK & THE DOMINOS / TAMPA BAY BLUES (2CD) MOONCHILD RECORDS / MC-053

◆◆この商品はお取寄せになります、入荷まで3日〜10日程かかります◆◆

1970年12月1日フロリダ州タンパ、カーティス・ヒクソン・ホールでの伝説の一夜、、、そうエリック・クラプトン率いるドミノズのライヴにスカイ・ドッグことデュエイン・オールマンが全面参加した日!クラプトンが最も望んだバンド形態のライヴを聴ける唯一の音源!オープニングの”LAYLA”からバンドの一体感は素晴らしくキレキレのプレイが繰り広げられています。(5人でプレイされたライヴ・テイクの”LAYLA”はこれだけ)続く"GOT TO GET BETTER IN A LITTLE WHILE”や”WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD”での演奏も最高です。エリック自身が望む理想のバンドでプレイできるんですもの当然ですよね。勿論オープニングの “LAYLA”からラストの”LET IT RAIN"まで全曲でデュエインは参加しています。エリックとデュイエンという二人の天才ギタリストがひとつのバンドでプレイしているという奇跡!それを今こうやって聴けるという奇跡!嬉しい限りですね。

さて肝心の音源ですが、ドミノズの有名なコレクター「ホフマン氏」がリマスターしたバージョンが収録されています。ドミノズのオーディエンス音源の中でも高音質に入る部類ですのでご安心を。

そしてこのジャケット!!!写真だけでもファン悶絶!買わずにはいられない激レア・ショット!モノクロの写真は有名ですがオリジナルはカラー写真だったのですね。いや〜本当にすげーっす!俺なら5枚は買っちゃうね!

世界中で非常に人気の高いライヴ!まだ聴いた事がない人には是非聴いて欲しいです!プレスCD二枚組1000円の超オススメアイテムです。限定入荷!!

CD1
INTRODUCTION
LAYLA
GOT TO GET BETTER IN A LITTLE WHILE
KEY TO THE HIGHWAY
WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD

CD2
BLUES POWER
HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
BOTTLE OF RED WINE
LET IT RAIN
◆Recorded live At Curtis Hixon Hall, Tampa, Florida, USA December 1st 1970
商品コード : 9904481
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ