2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
休業日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
 
 
 
 
 

トップ > ビートルズ関連 > PAUL McCARTNEY / OUT THERE U.S.A. Tour "LIVE IN KANSAS CITY" (3CD) EMPRESS VALLEY / EVSD-733/734/735

PAUL McCARTNEY / OUT THERE U.S.A. Tour "LIVE IN KANSAS CITY" (3CD) EMPRESS VALLEY / EVSD-733/734/735

在庫限り!! 定番タイトルをお値打ち価格で!!!

従来価格¥6800  
   新価格¥2800

※この商品は受注発注の場合がありますので、メーカー在庫切れの場合はご了承ください。

◆収録内容=2014年7/16 カンザスシティ・スプリントセンター公演
◆音源=オリジナル・オーディエンス・ソース

エンプレスヴァレイ×ザヴェル・ジャパンが送る、ポール・マッカートニーの2014年USAツアー音源第4弾!復活ポールのUSAツアー七月場所千秋楽、アメリカ中部有数の大都市、高層ビル群がひしめくミズーリ州カンザスシティのスプリントセンターでおこなわれたライブを、高品質のオリジナル・オーディエンス・マスターより24bitデジタル・リマスタリング収録した最高音質盤。装丁はエンプレスヴァレイ・レーベルの専売特許であるおなじみ美麗コーティング紙ジャケ仕様、プレス3CD(帯付き)でのリリースとなります。
ファーゴ、リンカーンののどかな雰囲気とは打って変わり、活気あふれる何処かしら危険な香りすら漂う都会の空気にライブへの期待感も高まります。ライブ会場となったスプリントセンターのキャパシティは18500人。形といい大きさといい日本武道館と同程度(アリーナ部分は武道館より小さそう)であるため、否が応でも幻に終わってしまった2014年武道館公演のことを想起させてやみません。
ファーゴ、リンカーン同様、会場アリーナほぼ中央、メインスピーカーからの音響がベストの位置を録音ポジションに選んだため、またこの会場もコンパクトで、いわゆる大会場にありがちな音の回り込みが少なかったことも奏功して、距離感の全く無いダイレクトかつレンジの広い極上サウンドに仕上がっています。巷に溢れるネット経由のダウンロード音源をは完全に別次元の正しく“極上音質”を誇る傑作!ポールの調子自体もこの日がベストと思えるほどの素晴らしさであったため、今回のUSAツアーの音源でどれか一つをオススメするのであれば、本作ということになるかもしれません。
収録内容に関して。この日もやはり冒頭のDJリミックス「Besame Mucho」からコンプリート収録。そして暗転〜開演。この日はライトグレーのジャケットに身を包んだ御大ポールが満面の笑みで登場。半月余りの休養期間を前に気合も充分です。お馴染みのセット進行の中、この日のファーストアンコールではやはり「Kansas City / Hey Hey Hey Hey」を演奏、そしてこの日もリンカーンに続いて「Get Back」ではなく「I Saw Her Standing There」が演奏されました。
2013年来日公演でも炸裂したエンプレスバレイ&ザヴェルジャパンのあのド迫力のハイクオリティ・サウンドを、はるか彼方アメリカのカンザスシティで再現してみせた極上音質音源、オーディエンスの盛りあがり方も適度に都会的で洗練されたものなので、終始ストレスなく聴く事ができると思います。
中部の大都市カンザスシティでの白熱のライブ!お約束「Kansas City」やリンカーン公演に続く「I Saw Her Standing There」など、聴きどころ満載の一夜。EV+X両レーベル入魂のタイトル!!2014年7月のUSAツアーの締めくくりとなる必聴公演を最高の音質でお楽しみください!

(Disc 1)   
01. Opening (Besame Mucho - Money (That's What I Want) - I Wanna Be Your Man - Twist And Shout - And I Love Her - Octopus's Garden - Let 'Em In - Uncle Albert/Admiral Halsey - No More Lonely Nights - With A Little Luck - Goodnight Tonight - Silly Love Songs - Temporary Secretary - The End)
02. Eight Days A Week
03. Save Us
04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said
06. Let Me Roll It / Foxey Lady
07. Paperback Writer
08. My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty Five
10. The Long And Winding Road
11. Maybe I'm Amazed

(Disc 2)   
01. I've Just Seen A Face
02. We Can Work It Out
03. Another Day
04. And I Love Her
05. Blackbird
06. Here Today
07. New
08. Queenie Eye
09. Lady Madonna
10. All Together Now
11. Lovely Rita
12. Everybody Out There
13. Eleanor Rigby
14. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
15. Something
16. Ob-La-Di, Ob-La-Da

(Disc 3)   
01. Band On The Run
02. Back In The U.S.S.R.
03. Let It Be
04. Live And Let Die
05. Hey Jude

Encore 1:   
06. Day Tripper
07. Kansas City / Hey Hey Hey Hey
08. Get Back

Encore 2:   
09. Yesterday
10. Helter Skelter
11. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
12. Closing
◆Recorded Live At Sprint Center, Kansas City, MO, USA 16th July 2014

◇Personnel;
Paul McCartney (Vocals, Bass, Piano, Organ, Ukulele)
Paul "Wix" Wickens (Keyboards, Wind Synthesizer, Accordion, Guitar, Backing Vocals)
Abe Laboriel, Jr. (Drums, Percussion, Backing Vocals)
Rusty Anderson (Guitar, Backing Vocals)
Brian Ray (Bass, Guitar, Percussion, Backing Vocals)
商品コード : 3300876
価格 : 2,800円(税込)
ポイント : 28
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ